hay posts más recientes

martes, 14 de junio de 2011

bienvenida a los lectores del yomiuri shinbun / 読売新聞をお読みになってくださった方々へ

[este es un post especial de bienvenida a los lectores del yomiuri shinbun - el periódico con más circulación del mundo con 14 millones de lectores diarios - que la casualidad ha hecho que justo hoy día 14 salga una entrevista de fernán...y este blog :)]

今日は特別な日です :)

数ヶ月前、
新宿ゴールデン街の小さなバーでジャーナリストライターであるとても素敵な方、
桐谷エリザベスさんと出会いました。
私たちは楽しくお酒を共にした後、日本の文化や社会、生活様式、
西洋とは全く違う惑星でありつづけるこの日本について話し始めました。
彼女は日本に長年住んでいますが、ご存知の通り、私はまだここへきて8ヶ月余り。
会話は途切れることなく、
また、どういうわけか彼女は日本へ来たての頃の自分の気持ちを私の中に重ね見たようです。
彼女にインタビューを依頼され、私はもちろんyesと・・・
格別、日本という国は長年ここへ住む彼女にとっても毎日が驚きの連続であると聞いた
日本滞在8ヶ私は嬉しくてしょうがない気持ちになりました。

が、それから間もなくして震災が起こりました。
残念なことに私たちは-他の皆さんも同様-インタビューどころではなくなってしまいました。
しかし後日、自宅で彼女の名刺を見つけた私は彼女と連絡を取ってみることにしました。
私たちはついにインタビューの日取りをし、再びゴールデン街のフラメンコバー、
"rincón nana”で会いました。
2度目にこのお店で会った際、彼女はこの場所に改めて興味深々なようでした。
このお店についての動画、写真、感想などは私のブログに載せてあります”los ojos de ella”


そんな流れで今日、そのインタビューが満載されました。
改めまして、読売新聞(世界一の発行部数を誇る)読者の方々へご挨拶申し上げたいと思います。
そして私のブログへようこそお越し下さいました :)

ブログ内容はというと・・・

-日本での動画、写真、日本社会の話などを載せています。
外国人である目を通しての少し違ったものの見え方、面白みなどもあるかと思います。 
(警告:次の動画は少し気分を害するものかもしれません・・・)

そしてこちらはもっと興味深いものです。

-震災直後からわずか48時間後、私は福島から100Kmほど離れたところまで行ってきました。その際の動画がこちらです。

そしてこちらは震災時のとある日本人の様子です。いくつかのビデオは既に有名になっているものもあるかもしれないです・・・


-更なる写真や動画(私のyoutubeチャンネルは有り難いことに現在までに
700,000程の閲覧数を頂いています)、考えや思い(原発事故後の東京上空の放射能が普段のマドリッドの放射能よりも低いことをご存知ですか?)、旅行(バイクでの草津周辺の廃墟巡り、宮島鳥居での写真など)様々な内容を載せています・・・常に外国人で目線、が基本です。

スペイン語で"los ojos de ella"とは"彼女の目"、そしてそれはカメラの目をも意味します。
外国人カメラの目を通しての日本・・・それがこのブログのテーマです。


気に入ってくださった方々は、facebook, twitter, blogger, youtubeなどからも
是非フォローしていただけたら嬉しいです。
このブログは基本的に全文がスペイン語ですが、googleの翻訳機能などの利用で写真も動画も簡単に理解していただける内容かと思います・・・またはこの機会にスペイン語をはじめてみるのもいかがでしょうか? :)


そして最後に、6月18日(次の土曜日)18時からNHK BS-1の"がんばれニッポン!"という番組での特別編"Cool Japan"にこのブログを書いていますわたくし、Fernán Izquierdo本人が出演いたします!
今回の大震災においての外国と比較して見る日本社会のあり方などについてお話してきました・・・お見逃しなく!!

ブログに来てくださった方々、ここまで読んでくださった方々、本当にありがとうございます・・・そして最後に感謝しきれない程の感謝の気持ちをエリザベスに :)

[todas las gracias del mundo a ena por sus ayudas con el japonés]

0 comments:

Publicar un comentario en la entrada